こころ豊かな美しい兵庫推進会議


目的

県民一人ひとりの参画と協働の考え方を広く呼びかけるとともに、多様な地域に多彩な文化と豊かな暮らしを築き、すべての人々にこころ豊かに生きる感動を与える美しい兵庫をめざす県民運動を提唱し、構成団体をはじめとする多様な主体が自ら地域課題を発見し、課題に応じて重層的なネットワークを築きながら連携・協働して地域課題に取り組むことを推進することにより“こころ豊かな美しい兵庫”の実現を図ること。


経緯

○昭和55年9月
生活文化県民運動推進協議会(新生活運動協議会を発展させ、生活文化県民運動を提唱)

○昭和62年3月
「こころ豊かな人づくり」「健やかな社会づくり」「さわやかな県土づくり」を推進課題とする県民運動を提唱

○平成元年7月
“こころ豊かな兵庫”をめざす県民運動の推進(3つの運動の総称)

○平成3年6月
「こころ豊かな兵庫づくり推進協議会」へ名称変更

○平成15年6月
「こころ豊かな美しい兵庫推進会議」へ名称変更

組織

(1) 構成団体数 124団体
(2) 会 長   保田 茂(神戸大学名誉教授、おいしいごはんを食べよう県民運動推進協議会会長)

活動内容

(1)県民の参画と協働の提唱・推進
 構成団体はもとより、県民一人ひとりが参画と協働の推進の主体となるように、広く呼びかけを行う。それにより、多様性とネットワークから生まれる力を原動力として、多様な地域に多彩な文化と豊かな暮らしを築くことに取り組む“こころ豊かな美しい兵庫”をめざす県民運動の展開を図り、地域社会の共同利益の実現を図っていく。

(2)年間テーマ・実践運動目標の設定
構成団体から地域課題の提起を行うなどにより、年間テーマと時機に応じた実践運動目標を共有する。
【令和2年度年間テーマ】
「家族・地域のきずなを深め、ふるさと意識を育もう」
【令和2年度実践運動目標】
① 家族のきずなを深め、家庭の力を高めよう
② 地域ぐるみで子育て家庭を応援し、青少年を守り育もう
③ 地域コミュニティづくりを進めよう
④ 豊かな文化が息づく、安全安心なまちづくりを推進しよう
⑤ 生涯元気に活躍できるライフスタイルを確立しよう
⑥ 地球環境時代に相応しいライフスタイルを確立しよう
⑦ 花と緑あふれる美しい県土づくりを推進しよう
⑧ 地域内外の多彩な交流を進めよう

(3)総会・県民運動推進大会及び役員会の開催

(4)県民運動の普及啓発
県民運動情報誌「ネットワーク」の発行(昭和56年度~)

(5)ひょうご家庭応援県民運動の推進
県民一人ひとりが家族・家庭の大切さを考え、きずなを深めるとともに、地域で家庭を支える県民ぐるみの運動を、当推進会議と家庭応援団の構成団体をメンバーとした「ひょうご家庭応援ネットワーク会議」が中心となって、多様かつ重層的に展開する。
①「家族の日」写真コンクールの開催
②「ひょうご家庭応援県民大会」の開催
③「ひょうご家庭応援県民運動だより」の発行
④「家族の日」啓発ポスターの配布 等

(6)「新型コロナウイルスに負けない県民運動」の展開
①「新型コロナウイルスに負けない県民運動」実践の提唱
②「ひょうごスタイル」推進事業の実施

(7)構成団体の研修
各種大会・セミナー等への参加
県民運動推進のための県・構成団体主催の各種大会・セミナー等の開催にあわせ、開催時期や分野、規模などを考慮の上、年数回開催案内を送付し、参加を呼びかけるなどの取り組みを行う。

(8)こころ豊かな美しい地域推進会議等への支援
① 地域づくり活動を身近な場で効果的に支援するため、「こころ豊かな美しい地域推進会議」等の業務を担う「地域活動コーディネーター」へ情報提供する。
② 県民運動を実践する地域団体が、団体としての行動力を高め、社会的活動をより活発に行うことができるよう、地域主導のもとで行われる「地域づくり活動応援事業」等の調整を行うとともに、今後の活動の発展を図るための情報提供を行う。

資料

規約
役員名簿
構成団体名簿
※令和2年8月18日時点

令和2年度 総会の概要

 6月下旬に集会開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、令和2年6月18日付け
書面表決にて実施。
 全構成団体より承認を得、全議案について(案)のとおり可決された。

[表 決 内 容]
○令和元年度事業報告について
○令和元年度収支決算について
○令和2年度事業計画について
○令和2年度収支予算について
○令和2・3年度役員選任について
○構成団体の変更について

○構成団体活動報告一覧
  ・令和元年度事業報告一覧