こころ豊かな美しい兵庫推進会議


目的

県民一人ひとりの参画と協働の考え方を広く呼びかけるとともに、多様な地域に多彩な文化と豊かな暮らしを築き、すべての人々にこころ豊かに生きる感動を与える美しい兵庫をめざす県民運動を提唱し、構成団体をはじめとする多様な主体が自ら地域課題を発見し、課題に応じて重層的なネットワークを築きながら連携・協働して地域課題に取り組むことを推進することにより“こころ豊かな美しい兵庫”の実現を図ること。


経緯

○昭和55年9月
生活文化県民運動推進協議会(新生活運動協議会を発展させ、生活文化県民運動を提唱)

○昭和62年3月
「こころ豊かな人づくり」「健やかな社会づくり」「さわやかな県土づくり」を推進課題とする県民運動を提唱

○平成元年7月
“こころ豊かな兵庫”をめざす県民運動の推進(3つの運動の総称)

○平成3年6月
「こころ豊かな兵庫づくり推進協議会」へ名称変更

○平成15年6月
「こころ豊かな美しい兵庫推進会議」へ名称変更

組織

(1) 構成団体数 119団体
(2) 会 長   保田 茂(神戸大学名誉教授、おいしいごはんを食べよう県民運動推進協議会会長)

活動内容

(1)県民の参画と協働の提唱・推進
 構成団体はもとより、県民一人ひとりが参画と協働の推進の主体となるように、広く呼びかけを行う。それにより、多様性とネットワークから生まれる力を原動力として、多様な地域に多彩な文化と豊かな暮らしを築くことに取り組む“こころ豊かな美しい兵庫”をめざす県民運動の展開を図り、地域社会の共同利益の実現を図っていく。

(2)年間テーマ・実践運動目標の設定
構成団体から地域課題の提起を行うなどにより、年間テーマと時機に応じた実践運動目標を共有する。【令和元年度年間テーマ】「家族・地域のきずなを深め、ふるさと意識を育もう」
【令和元年度実践運動目標】
① 家族のきずなを深め、家庭の力を高めよう
② 地域コミュニティづくりを進めよう
③ 誰もが安心して暮らせるユニバーサル社会づくりを推進しよう
④ 地域の安全は地域自らで守ろう
⑤ 防災力を強化しよう
⑥ 子育て家庭を地域ぐるみで応援しよう
⑦ 子ども・若者を地域で守り育もう
⑧ 食の安全安心と食育、健康づくりを推進しよう
⑨ 地球環境時代に相応しいライフスタイルを確立しよう
⑩ 花と緑あふれる美しい県土づくりを推進しよう
⑪ 芸術文化を活かしたまちづくりを推進しよう
⑫ 地域を越えた多彩な交流を進めよう

(3)総会・県民運動推進大会及び役員会の開催
令和元年度の総会・県民運動推進大会の概要

(4)県民運動の普及啓発
県民運動情報誌「ネットワーク」の発行(昭和56年度~)

(5)ひょうご家庭応援県民運動の推進
県民一人ひとりが家族・家庭の大切さを考え、きずなを深めるとともに、地域で家庭を支える県民ぐるみの運動を、当推進会議と家庭応援団の構成団体をメンバーとした「ひょうご家庭応援ネットワーク会議」が中心となって、多様かつ重層的に展開する。
①「家族の日」写真コンクールの開催
②「ひょうご家庭応援県民大会」の開催
③「ひょうご家庭応援県民運動だより」の発行
④「家族の日」啓発ポスターの配布 等

(6)構成団体の研修
① 研修会の開催
構成団体ほか、幅広い団体に参加を呼びかけ、幅広いテーマで実施
② 各種大会・セミナー等への参加
県民運動推進のための県主催の各種大会・セミナー等の開催にあわせ、開催時期や分野、規模などを考慮の上、年数回開催案内を送付し、参加を呼びかけるなどの取り組みを行う。

(7)地域団体の中間支援
地域団体が、団体としての行動力を高め、社会的活動をより活発に行うことができるよう、地域主導のもとで行われる「地域づくり活動応援事業」等、地域団体活動の活性化に向けた取り組み状況の検討と総合的な調整を行う。

資料

規約
役員名簿
構成団体名簿
※令和元年度7月10日 総会時

令和元年度 総会・県民運動推進大会の概要

[開催日時] 令和元年7月10日(水)13:00~15:30
[開催場所] 兵庫県農業共済会館 7階大会議室
[内  容] 
○さわやかステージ

(左)増井一友氏 (右)田中郷子氏

○挨拶

○事業計画等審議

○構成団体活動報告一覧
  ・平成30年度事業報告一覧

○活動発表
【概要】
・兵庫県内の地域づくり活動団体3団体が登壇し、各団体の成り立ちや普段の活動内容を発表いただきました。
【発表団体】
・ええまち比也野里(ひやのさと)【西脇市】
・涼風町(すずかぜちょう)自治会【芦屋市】
・神戸大学地域密着型サークル にしき恋【丹波篠山市】
【発表内容】
・ええまち比也野里
 比延地区は、西脇市東部に位置し、面積は甲子園球場の約1,100倍。小売店舗や路線バスが撤退するなか、H26年10月、移動販売車「笑顔いっぱい比也野号」を導入した。惣菜や日用品等販売の他、地域の高齢者や子どもたちの見守り・防犯にも効果があり、大好評。平成30年度からは定期巡回を週2回に増やし、地域のつながりを強化している。
 他にも喫茶「へそ・で・ちゃ」や、「万能だれ比也野」の製作を行う加工場の営業を行うなどバラエティに富んだ活動を行っている。

・涼風町自治会
 芦屋市涼風町は南芦屋浜にある人工島に所在する。自治会がなかった涼風町で「自治会費ゼロ!負担が楽しいに変わる自治会」として、平成27年6月19日に設立された。
自分がやってみたい!と思う活動を選択して参加できる環境づくりに取り組んでいる。資金面は助成金、再生資源ごみの回収を積極的に活用。30~50代が中心に、年配の方々の見守りのもと、様々な事業を実施している。2018年9月の台風21号襲来時には、メールやスマホアプリを活用し避難を呼びかけるなど、新しいスタイルを取り入れている。

・にしき恋
 神戸大学の学生サークル。丹波篠山市西紀南地区の地域団体と協働し、まちづくり活動を行う。2012年に大学で授業の一環としてまちづくりの取り組みに参加し、翌年7人で同サークルを設立。以来メンバーは増え続け、現在では185人が活動を行っている。中心メンバーは神戸大学学生であるが、他大学学生も参加している。
活動内容は大きく3つに分かれており、農業ボランティア(毎週)と黒枝豆の生産・販売、様々なプロジェクト活動がある。