未来のすごいすと

SSV関西学院兵庫県三田市

ボランティアで地域活動を支える大学生たち

関西学院大学の学生が参加する大学公認の地域福祉系ボランティアサークル「SSV関西学院」。
SSVは、Sanda Student Volunteerの略。
※写真は、代表などを選出する総会の様子

 

1996年の設立以来、20年を超える活動実績があり、知的障害者への支援を主に、地域の子どもたちの交流の場づくりや学習支援等、青少年育成活動を継続的に実施している。
 

平成27年7月1日、三田市さつき賞を受賞。
さつき賞は、三田市のまちづくりや地域社会づくりのために様々な分野で市民の模範となる活動を続けている個人・団体を送られる賞です。さつき賞は、社会福祉功労にあたる。
長年にわたるボランティア活動の実績が評価された。

 

現在は、地域のボランティア活動に興味がある理工学部や総合政策学部の大学生が中心となって活動している。
「行きたいときに参加できる」を活動のモットーに、アットホームな雰囲気の中で活動が行われている。

 

地域の居場所づくりを行う三田まちの寺子屋「まなびあ」、やよい幼稚園の園庭開放「やよいっこ」、知的障害者の方とコミュニケーションを取りながら料理や工作を行う「たんぽぽ」と「料理教室」、自然の中に遊ぶ場をつくる「プレーパーク」、そして、三田市青年会議所などが実施する青少年キャンプや市内で実施されるイベントなど、 地域の団体が実施している活動現場に入り、運営をサポートするボランティア活動を行っている。

1 2 3 4 5