“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

吉富志津代さん

阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた神戸市長田区。なかでもJR鷹取駅周辺は家屋の倒壊とその後の火災とで灰じんと化した。吉富志津代さんは、駅にほど近いカトリック鷹取教会(現:カトリックたかとり教会)を拠点に、救援活動を始める。

韓国・朝鮮系をはじめ、ベトナムや南米系など多様なルーツを持つ人々が多く住む長田区での活動で、言葉の壁から必要な情報が彼らに届いていないことが明らかになった。そこで多言語放送局の立ち上げに関わり、被災・生活情報を日本語以外でも発信し始めた。現在も続くコミュニティ放送局「FMわぃわぃ」の前身である。

また、震災時は多くのボランティアによって行われていた通訳・翻訳の活動分野をコミュニティビジネスに発展させるために、「多言語センターFACIL」を設立。現在、通訳・翻訳をベースに、地域社会と外国人コミュニティをつなぐため、さまざまな事業を展開している。

NPO法人多言語センターFACIL吉富志津代さん