“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

山根加織さん

兵庫県の中央部に位置する多可町は、平成17年に中町・加美町・八千代町が合併して誕生した。約300年前から伝わる伝統芸能「播州歌舞伎」の普及・伝承活動に、まちぐるみで取り組んでいる。

多可町で生まれ育った山根加織さんは、小学校3年生の時に「多可町立中町北小学校 播州歌舞伎クラブ」に入部。プロの播州歌舞伎役者・中村和歌若師匠の指導を受けて初舞台を踏み、播州歌舞伎に夢中になった。一時期、地元を離れ播州歌舞伎から遠のいたが、今では中学生から50代までの約25人で構成される「多可町中央公民館 播州歌舞伎クラブ」の代表を務め、公演活動のほか、小学生の指導にも力を入れている。

写真:多可町中央公民館 播州歌舞伎クラブ 代表 山根加織さん全身写真