“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

内田 大造さん

「親睦団体」が「まちづくり協議会」へ躍進!

自治会、企業、商店、学校、行政が結束し、3,000世帯が参加するまでになった猪名寺自治区。数々のイベント成功の勢いを受け、平成29年6月「園田北まちづくり協議会」を設立。「地域のことは地域で決める」「地域の課題は地域で解決する」「地域の人は地域で守る」をモットーに、買い物や送迎など、ちょっとした困りごとを地域で助け合う「園田北助け合いサポートネット」や、介護予防のための高齢者の居場所づくりをはじめとした「認知症地域支援プロジェクト」など、様々な事業を展開する強い地域づくりに取り組んでいる。
「各団体が好きなことをやっていたのでは、対応できないほどの超高齢化社会がやってくるんです。認知症になった当事者も、認知症患者を抱える家族も一緒になって支え合い、幸せに暮らせるコミュニティをつくっていくことが大切です。法律だけでは支えられない人がいっぱいできた時、地域で支えないでどうしますか?」
そうした協働の仕組みづくりに欠かせないのが、ビジネスとしての視点3つだと内田さんは言う。

園田北まちづくり協議会が主体となって行われている「猪名寺忍者学校」

園田北まちづくり協議会が主体となって行われている「猪名寺忍者学校」

設立総会には300名以上の多くの住民が参加

設立総会には300名以上の多くの住民が参加