すごいすと取材記

NPO法人 姫路コンベンションサポート玉田恵美 さん(48) 兵庫県姫路市

ギャラリーを見る

つながりの先に、まちづくりがあった

「もともとまちづくりには、まったく関心はなかったんです。」
玉田さんの凛とした声が、部屋に響く。
「19年前、姫路市商工会議所青年部から、29歳以下の若者たちで始める『ひめじ良さ恋まつり』の立ち上げプロジェクトに参加してほしいと声がかかったんです。周りはまちづくりに関心のある方たちでいっぱい。いつの間にか引っ張られ、私もまちづくりとつながっていたという感じでした。」
その後、ひめじ良さ恋まつりは参加者がどんどん増え、ボランティアだけでは運営ができない規模に成長していった。
「法人にして、しっかりとした基盤をつくろう。」
ひめじ良さ恋まつりに携わって3年が過ぎた平成14年、そう決心した玉田さんはNPO法人姫路コンベンションサポートを設立。姫路市が観光を一つの産業として取り入れる決定をしたことも後押しとなり、まちづくりと真正面から向き合う日々が始まった。

1 2 3 4 5 6 7