すごいすと取材記

ふるさとひょうご創生塾ご縁グループと同好会高塚洋 さん(74) 兵庫県高砂市

ギャラリーを見る

 江戸時代、「御用」の文字を染め抜いたのぼり旗と共に日本中を歩き、日本地図を作成した地理学者・伊能忠敬(1745〜1818年)。彼の播磨での足跡をたどることで、地元地域を元気にしようと活動を続けている有志たちが「ふるさとひょうご創生塾ご縁グループと同好会」だ。「ふるさとひょうご創生塾」の卒塾研究で伊能を取り上げたことをきっかけに、彼が歩いた播磨の道を自分たちの足でたどり、街道に眠る播磨地域の歴史遺産を紹介する2冊の本を出版。さらに代表の高塚洋さんによる講演活動では、伊能の痕跡を探して調べた地域の文化遺産とともに、50歳からの挑戦で第二の人生を豊かに生きた伊能の生き方を紹介。リタイア後も、目標を持って日々を生きる大切さを伝え続けている。

 

 

調査隊8人衆</span>(ふるさとひょうご創生塾で立ちあげ時)<調査隊8人衆(創生塾で立ちあげ時)>

1 2 3 4 5 6

もっと詳しくふるさと情報

県の支援メニュー等

兵庫県 県民生活課 神戸市中央区下山手通5丁目10番1号 電話 078-341-7711(代表)