“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

オカモトヨシコさん

赤穂市は岡山との県境、兵庫県の西南端にあり、瀬戸内海国立公園に面している。「忠臣蔵のふるさと」「塩のまち」として知られるだけでなく、御崎の風景は日本の夕陽百選に数えられ、新婚旅行のメッカになった時代もある。海水浴場、温泉など観光資源に加え、市民が主体の行事も盛んだ。

神戸市生まれのオカモトヨシコさんは、ガラスが溶ける時のような夕陽の色に魅せられ、御崎地区へ移住した。会社員からガラス職人に転身し方向性を模索していた頃、赤穂で出会った人たちに後押しされ、ガラス工房「御崎ガラス舎」をオープン。空き家の目立つ御崎の一画に明かりをともし、奮闘している。

御崎ガラス舎オーナー オカモトヨシコさん