“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

岡本博文さん

六甲川と杣谷川との合流点である灘区篠原中町より始まる都賀川。神戸市灘区を南北に流れる、全長1,790メートルの二級河川だ。神戸市の「豊かな自然と笑顔あふれる住み続けたいまち」をめざす取組のひとつとして、近年は親水整備が進み、遊歩道も整備されている。
 岡本博文さんは“子どもたちが水遊びのできる美しい川を次世代に引き継ぐ”をスローガンに、どぶ川だった都賀川を澄んだ水が流れる状態まで再生させるきっかけとなった「都賀川を守ろう会」の三代目の会長として活動をけん引してきた。
 生まれは大阪。将来は医師になりたいと思っていたが、太平洋戦争では兵役についた。戦後、食べるものも、勉強する時間もなく、夢は閉ざされた。結婚を機に神戸に移住し、鋳物を製造する工場を始めた。経営の失敗も経験したが、何とか盛り返すことができたのは「負けるものか!」という強い信念を持って生きてきたから、という。

都賀川を守ろう会 会長 岡本博文さん (兵庫県神戸市灘区)

車椅子でも通行できるよう整備された都賀川。鮎が自然に近い環境で泳いでいる。