“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

岡田清隆さん

淡路島は菜の花の島として地元の人々には馴染み深いことだろう。司馬遼太郎の小説『菜の花の沖』の主人公としても描かれている高田屋嘉兵衛は、江戸時代にこの島の菜の花から生み出した菜種油を日本全国に知らしめた。21世紀となった今、この黄金の花から食用油を生産し、使用済みの油もバイオディーゼル燃料へと精製できる施設が、淡路島の洲本市にある。高田屋嘉兵衛の生誕の地でもあるこの地で、現在、菜の花を軸としたエコプロジェクトを推進しているのが岡田清隆さんだ。

NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク 理事長 熊谷清隆さん (兵庫県洲本市)