すごいすと取材記

有限会社ウッズ能口秀一 さん(53) 兵庫県丹波市

ギャラリーを見る

森の価値を共有し、山離れを防ぎたい!

そもそも、なぜ山離れを防ぐ必要があるのだろう?
「森林は地元の資源です。地域資源である地元の木材を活かさずに、枯渇させていることが問題なんです。」
地元の資源を放置して、わざわざ他地域や海外から購入するのではなく、地域材を使って仕事を生み出し、地域の中で経済を回していくことが必要だと言う能口さん。
「業界は今、木の一本一本を売る小規模な仕組みではなく、効率よく生産した安い木材を供給する方向へ流れています。いい木というのは手間をかけて手入れをし、育てたもの。手入れをしていない木と同じ値段で流通してしまうと、次に木を育てる人がいなくなってしまう。量産体制では、山の多様な価値を活かせないんです。」
さらにもうひとつは、防災という視点からの課題。大きく成長した裏の木が住宅に倒れてくる危険性など、森林を保有することへの責任や管理は、これからますます複雑になってくるという。
「どこにどういう木があり、いつ使い、次にどういう木を育てていくのか。木を使った後の森林がどう変わり、何世代後に森林と人との関わりを残したいのか。森林づくりは地域づくりと同じです。山主だけでなく地域全体で取り組むべきことです。地域の全員が生活する場所だと考え、長期的視野を持って計画する必要があります。森林保全と地域づくりは、合わせて取り組むべきものです。」
地域材という森の価値を活かしながら地域をつくる。やはりそこにも欠かせないのが、木材コーディネーターの存在だ。

 

地域の皆さんと協働で進める森林整備 (NPO法人丹波グリーンパートナー)
<地域の皆さんと協働で進める森林整備 (NPO法人丹波グリーンパートナー)>

1 2 3 4 5 6 7