すごいすと取材記

有限会社ウッズ能口秀一 さん(53) 兵庫県丹波市

ギャラリーを見る

日本初の木材コーディネーター

確かにそこに木はあるけれど、それが建築に向いた木なのか? 品質を維持しながら建築物が成り立つ材料にできるのか? 山の木で家を建てることが、どれほど難しい作業かを能口さんは体験した。

 

山に入り森林整備や伐採などを行うための作業道づくりを行う能口さんたち
<山に入り森林整備や伐採などを行うための作業道づくりを行う能口さんたち>

 

「山に生えている状態を見ただけで建築用の木材として使えるのか、製材職人としての目利きができなければわかりません。建築の部材がどういう使われ方をするのか、理解できていないと製材も成り立ちません。一枚の建築図面から木を調達するとなると、具体的にどうしていいのかわからないんです。素材としての木の見極めから、伐採、製材、設計、建築、流通まで、一つ一つの間を取り持つ調整役が必要だということに気が付きました。」
そうした流通の調整役として、木材の調達に取り組もうと有限会社ウッズを設立。建築計画に応じた木材の選定から必要量の計算、伐採時期の検討や品質管理、その後の森林計画までトータルに管理する、全国初の「木材コーディネーター」という役割を生み出した。現在は人材育成にも尽力。全国各地に100名を超える木材コーディネーターを輩出している。
「木材は高価なものだと思っている消費者。山はお金にならないと言う森林所有者。両極端な意見があるのは、流通がおかしいということです。自分の山に魅力を感じない山主たちが山離れを起こさないよう、木の価値の活かし方や、価値ある山の作り方を一緒に考えたい。」と能口さんは語る。

 

全国各地で木材コーディネーターの養成に力を入れている
<全国各地で木材コーディネーターの養成に力を入れている>

1 2 3 4 5 6 7