すごいすと取材記

有限会社ウッズ能口秀一 さん(53) 兵庫県丹波市

ギャラリーを見る

木の素人が出会った「木を読む」仕事

「木には向きがあります。それを見極めながらノコを入れなくてはいけません。」
木の香りが包む製材所で「木取り」について話す能口さん。その後に続いたのは、ちょっと意外な言葉だった。
「私自身は林業や木材について学んだこともなければ、勤めるまで製材所が何をするところかさえわかっていませんでした。たまたま勤務先が製材所だった……それがスタートです。」
大きな丸太を手際よく製材機にかける姿からは、想像ができない話題から始まった取材。そんな能口さんが、ここまで木に惹かれたのは、なぜ?
「仕事の手順を覚えると、木の良さとはどういうものなのか気になり始めたんです。木の目利きを学び、原木の仕入れを担当するうちに、どうしたら木の価値が一番高くなるのかを考えることが、面白くなっていきました。」
ある時、裏山の木で家を建てる取り組みに参加した能口さん。それが、国内初の「木材コーディネーター」という職業が生まれるきっかけだった。

原木と向き合い製材を行う能口さん原木と向き合い製材を行う能口さん

1 2 3 4 5 6 7