“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

丸岡肇さん

兵庫県加西市の中心部から北東の丘陵地帯に宇仁(うに)地区はある。

田園風景が広がるこの地域で統廃合が検討されていた小学校を、地域ぐるみで存続させた活動がある。

中心人物のおひとりである宇仁郷(うにごう)まちづくり協議会の会長、丸岡肇さんにお話を伺った。

約460戸、約2,000人が暮らす宇仁地区。宇仁郷まちづくり協議会の活動は、地域の小学校の危機をきっかけにして始まった。

今をさかのぼること17年、老朽化した小学校校舎の建て替えを市に要望するため、住民たちによって「宇仁小学校建設期成同盟」が結成された。しかし市側はむしろ児童数が減少しているという現状を問題とし、やがて「改築どころか小学校そのものが失われかねない統廃合の検討が開始されてしまった」。地域の核である小学校がなくなるという最悪の事態に、これをなんとか阻止したいと住民たちは嘆願活動を開始。「ただ加西市全体が財政難ということもあって、請願や嘆願といった運動だけでは小学校存続は難しいと言われた」と丸岡さんは当時を振り返る。

宇仁郷まちづくり協議会丸岡肇さん

宇仁小学校建設期成同盟の3代目会長への就任を求められた丸岡さん。今の活動のままではこれ以上事が動かないと考え、「そもそも地域全体で人口流出を防ぐようなことをしていかなければならない。そのためにはまず地域の活性化が必要。地域活動を活発に進めていくという条件をのんでもらえるなら会長職を引き受ける」とまちづくり協議会の立ち上げを提案。活動内容やメンバーなどの検討から開始。主要活動を定め、活動ごとに部会を設定し、それぞれの部会長には住民が信頼を寄せる各町の区長経験者に協力を仰いだ。小学校を守るためなら、と快諾した7名が部会長や部会を支える事務局となり「宇仁郷まちづくり協議会」を設立した。「小学校のために立ち上がった宇仁七人衆ですよ」と丸岡さんは顔をほころばせる。

こうして、長年継続してきた宇仁小学校建設期成同盟による請願活動に、まちづくり協議会の地域活性,化活動も加わることとなった。