“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

小林温さん

兵庫県の中西部に位置する宍粟市。一宮、山崎、千種、波賀の旧4町が合併して誕生した同市は、面積の9割を森林が占め、古くから林業が盛んな地域だ。

旧山崎町で生まれた小林温さんが、母方の家業である林業に従事するため、会社勤めをしていた大阪から宍粟に戻ってきたのは、ちょうど30歳になった時のこと。以来、受け継いだ旧一宮町生栖(いぎす)地区に所有する山を中心に、地域の山林を守り育ててきた。

近年では、災害に強い作業道整備の必要性を実感し、「壊れにくい道づくり講習会」を定期的に開くなど、県内で高度な知識や技術を持つ林家(りんか)の集まりである指導林家会会長として、持続可能な林業の振興に取り組んでいる。

写真:宍粟市小林林産代表小林温さん全身写真