“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

川石光佐さん

県下第二の人口を擁する姫路市は、播磨地域の中心都市。国宝であり世界遺産にも指定されている姫路城の城下町として古くから栄え、豊かな伝統文化を育んできた。

ここ姫路の地で創業104年を迎える酒造メーカー「灘菊」。その蔵元の三女として生まれた川石光佐さんは、東京農業大学で醸造学を学び、南部杜氏 鎌田勝平さんの下で3年間修業した後、灘菊の杜氏に就任した。

平成22年、試験に合格して女性としては西日本で初めての南部杜氏となり、今年5月には自らの手がけた2つの日本酒が南部杜氏の鑑評会で優等酒に選ばれた川石さん。実家の蔵で、姫路ならではの酒づくりに取り組んでいる。

写真:灘菊酒造株式会社 杜氏 川石光佐さん