すごいすと取材記

ガレリア アーツ&ティー井上美佳 さん(60) 兵庫県たつの市

ギャラリーを見る

昭和初期の時間を味わうギャラリーカフェをオープン

平成11年3月。歴史を刻んだ扉をそっと押し開け、建物に入った井上さんの目に飛び込んできたのは、古びた窓枠の中に広がる柔らかな緑色に彩られた鶏籠山(けいろうざん)の風景。
開き始めたヤマザクラやソメイヨシノの薄紅色をアクセントに、ふもとでは黄色い菜の花が一面を埋め尽くしていた。

 

四季折々の鶏籠山と揖保川の風景が楽しめる一望スポットに「ガレリア アーツ&ティー」はある

 

「実家の向かいにあった空き家が、売りに出されていたんです。中に入って窓から外を見た瞬間、この景色に魅了されてしまいました。その窓からは龍野橋も見えるんですが、子どもの頃もこの橋から川向こうの景色を見るのが好きだったことを思い出し、この建物で何かを始めたいと思ってしまったんです。」
8ヵ月後の11月、昭和初期に建てられた金融機関の事務所は、井上さんの手によって昭和レトロなギャラリーカフェ「ガレリア アーツ&ティー」として、新たな命を吹き込まれた。同時にそれは、閉ざされた扉の向こうで止まっていた時が、まちの未来と繋がった瞬間でもあった。
 

昭和初期に建てられた金融会社の事務所を修復した「ガレリア アーツ&ティー」

1 2 3 4 5 6 7