すごいすと取材記

NPO法人 たじま海の学校 副代表今井ひろこ さん(46) 兵庫県

ギャラリーを見る

温故地新

今井さんの好きな言葉は「温故地新」。「昔の物事を研究することで新しい知識や見識が得られる」という故事成語の「知」を「地」に置き換えた造語だ。

悠久の歴史の流れの中で育まれた地質や地形、そしてそれらを背景とした人々の文化や暮らしを温(たず)ね、また訪ねてもらうことで、地域に新しい活力が生まれる。この信念に基いて全国各地の講演会に赴く今井さんは、ジオパークが地域を活性する大きな切り札になることを訴え続けている。

昨年、山陰海岸ジオパークは世界ジオパークネットワークへの加盟が再認定された。自然保護だけでなく、教育プログラムの実践や地域振興にかかる活動全体の価値が認められてのことだっただけに、地域は大いに沸き立った。

「これからも地域の人たちの意識に働きかけ、まちと人が元気になるよう全力でバックアップしていきたい」と今後の活動に意欲を燃やしている。

写真:好きな言葉温故知新とともに。

(公開日:H27.2.25)

1 2 3 4 5