すごいすと取材記

NPO法人 たじま海の学校 副代表今井ひろこ さん(46) 兵庫県

ギャラリーを見る

但馬を元気に

町の推進員としてジオパークのPRに携わってきた今井さんだが、但馬全域に知人や友人ができるにつれ、活動の場を町の中だけではなく、もっと広げていきたいと感じるようになってきた。

地域活性化を進めていくためには但馬全域を視野に入れた活動が必要だと考えた今井さんは3年8ヶ月勤めた役場を退職して、昨年春、県の女性起業家支援事業の補助を受けて起業し、豊岡市内にオフィスを構えた。

「地域の企業を元気にして雇用を増やし、若い人にUターンしてきて欲しい」と、ジオパークの情報発信で培ったノウハウを提供しながら、地元の企業や商店、宿泊施設のホームページや販促物を通じた「伝える力」を底上げする手助けをしている。これまで交流がなかった事業者同士の仲立ちをすることも多い。

ジオパークのインタープリター(翻訳者)として、自然や歴史的遺産の魅力を来訪者に分かりやすく伝える仕事をしてきた今井さん。現在では事業者間のインタープリターとしても活躍の幅を広げている。

写真:オフィスでの今井さん

地域と事業者をサポートしたいと豊岡市に開設した事務所

1 2 3 4 5