“すごいすと”とは…兵庫を元気にしているすごい人。 すごいすと たちの生き様や暮らしぶりを紹介するネット情報誌です!

すごいすと取材記

福田正さん

平成17年に吉川町と合併した三木市は、1人当たりの都市公園面積が35.84平方メートルという緑豊かな地域だ。神戸市の西に隣接し、大阪から車で1時間のベッドタウンでもあり、阪神淡路大震災を教訓に整備された三木総合防災公園は、広域防災の拠点になっている。

福田正さんは3人の子どもを、自然あふれる環境で育てたいと思い、神戸市から三木市に移り住んだ。幼いころから山や川、海が遊び場であり、趣味の釣りで異変を感じたことで、環境の源は森にあると学んだ。県下最大の森林ボランティア活動団体の会長を務め、森林整備や環境体験学習などを通じて、森を守ることの大切さを伝えている。

NPO法人ひょうご森の倶楽部 理事 福田正さん(兵庫県三木市)