兵庫県交流・地域参画と協働県民運動のホームページ>こころ豊かな美しい兵庫推進会議
 県民運動のホームページ
ココロン
“こころ豊かな美しい兵庫”をめざして
トップ 県民運動とは 県民運動情報 ネットワーク こころ豊かな美しい 兵庫推進会議 助成金情報 リンク


こころ豊かな美しい兵庫推進会議


目 的
 県民一人ひとりの参画と協働の考え方を広く呼びかけるとともに、多様な地域に多彩な文化と豊かな暮らしを築き、すべての人々にこころ豊かに生きる感動を与える美しい兵庫をめざす県民運動を提唱し、構成団体をはじめとする多様な主体が自ら地域課題を発見し、課題に応じて重層的なネットワークを築きながら連携・協働して地域課題に取り組むことを推進することにより“こころ豊かな美しい兵庫”の実現を図ることを目的とする。
 
経 緯
 
昭和55年9月: 生活文化県民運動推進協議会
(新生活運動協議会を発展させ、生活文化県民運動を提唱)
昭和62年3月: 「こころ豊かな人づくり」「健やかな社会づくり」「さわやかな県土づくり」を推進課題とする県民運動を提唱
平成 元年7月: “こころ豊かな兵庫”をめざす県民運動の推進
(3つの運動の総称)
平成 3年6月: 「こころ豊かな兵庫づくり推進協議会」へ名称変更
(提唱団体から実践団体へ衣替え、構成団体の拡充、地域の推進体制の活性化)
平成15年6月: 「こころ豊かな美しい兵庫推進会議」へ名称変更
“こころ豊かな美しい兵庫”をめざす県民運動の推進
   
組 織 
  (1) 構成団体数 121団体
(2) 会 長   保田 茂

        (神戸大学名誉教授、おいしいごはんを食べよう県民運動推進協議会会長)
   
活動内容 
 

(1)県民の参画と協働の提唱・推進

 構成団体はもとより、県民一人ひとりが参画と協働の推進の主体となるように、広く呼びかけを行う。それにより、多様性とネットワークから生まれる力を原動力として、多様な地域に多彩な文化と豊かな暮らしを築くことに取り組む“こころ豊かな美しい兵庫”をめざす県民運動の展開を図り、地域社会の共同利益の実現を図っていく。
 
 

(2)年間テーマ・実践運動目標の設定

 構成団体から地域課題の提起を行うなどにより、年間テーマと時機に応じた実践運動目標を共有する。

 【平成29年度年間テーマ】
  「家族・地域のきずなを深め、ふるさと意識を育もう」

 【平成29年度実践運動目標】
  @ 家族のきずなを深め、家庭の力を高めよう
  A 地域コミュニティづくりを進めよう
  B 誰もが安心して暮らせるユニバーサル社会づくりを推進しよう
  C 地域の安全は地域自らで守ろう
  D 防災力を強化しよう
  E 子育て家庭を地域ぐるみで応援しよう
  F 子ども・若者を地域で守り育もう
  G 食の安全安心と食育、健康づくりを推進しよう
  H 地球環境時代に相応しいライフスタイルを確立しよう
  I 花と緑あふれる美しい県土づくりを推進しよう
  J 芸術文化を活かしたまちづくりを推進しよう
  K 地域を越えた多彩な交流を進めよう

 

(3) 総会・県民運動推進大会及び役員会の開催

H29年度の総会・県民運動推進大会の概要

 

(4)県民運動の普及啓発

 ア 県民運動情報誌「ネットワーク」の発行(昭和56年度〜)
 イ ひょうごボランタリープラザホームページの情報発信システム:コラボネットを利用
  して、各地域の県民運動情報を発信(平成23年度〜)

 

(5)ひょうご家庭応援県民運動の推進

 県民一人ひとりが家族・家庭の大切さを考え、きずなを深めるとともに、地域で家庭を支える県民ぐるみの運動を、当推進会議と家庭応援団の構成団体をメンバーとした「ひょうご家庭応援ネットワーク会議」が中心となって、多様かつ重層的に展開する。
@「家族の日」写真コンクールの開催
A「ひょうご家庭応援県民大会」の開催
B「ひょうご家庭応援県民運動だより」の発行
C「家族の日」啓発ポスターの配布 等


(6) 構成団体の研修

@ 研修会の開催
構成団体ほか、幅広い団体に参加を呼びかけ、幅広いテーマで実施
A 各種大会・セミナー等への参加
県民運動推進のための県主催の各種大会・セミナー等の開催にあわせ、開催時期や分野、規模などを考慮の上、年数回開催案内を送付し、参加を呼びかけるなどの取り組みを行う。

 

(7)地域団体の中間支援

地域団体が、団体としての行動力を高め、社会的活動をより活発に行うことができるよう、地域主導のもとで行われる「地域づくり活動応援事業」等、地域団体活動の活性化に向けた取り組み状況の検討と総合的な調整を行う。
資 料(PDF) ※平成28年度6月20日 総会時
 
規約
役員名簿
構成団体名簿
[開催日時] 平成29年6月21日(水)
[開催場所] 兵庫県農業共済会館 7階大会議室
[内  容]
○さわやかステージ

フルートアンサンブル SA・KU・RA
○挨拶
保田会長・金澤副知事
○事業計画等審議
○活動事例発表
●「団体設立から今の活動」
NPO法人 兵庫子ども支援団体 代表理事 多田 実乘/理事 辻田 静香

◯「設立のきっかけと今まで」(多田代表理事)
 高校1・2年生の時に取り組んでいた児童虐待防止のオレンジリボン運動を高校卒業後もできる場所として団体をつくろうと思い、クラスの友達を誘い2013年に設立し、今年の1月に法人化。
 設立1年目は、高校3年生で受験勉強の傍ら、他のNPO法人に行きいろんな活動を勉強、2014年には社協イベントへの参加や他のNPO法人の学習支援に参加しノウハウを得た。2015年に初めての大きな活動として、学習支援「明石かがやき」をスタート。2016年には「加東かがやき」をスタート。これらの活動が広く認められ、「よみうり子育て応援団大賞」で奨励賞に選ばれた。また、今年は子ども食堂の取り組みとして「食育ひろばひなた」も開始。
 当団体は、これからの社会を変えていく、やる気がある高校生や若い人たちに興味を持って欲しいとの思いから、高校生から参加できるようにしている。
 いろんな子どもに関する活動を行い、地域全体で子どもたちを支えていくような地域をつくり、団体が目指しているミッション「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を実現していきたい。
◯「学習支援かがやき」(辻田理事)
 明石市と加東市に1教室ずつ。小学4年生から中学3年生までの地域の子どもたち、中でも低所得収入世帯やひとり親世帯等の子どもたちを優先としている。
 内容は大きく分けて「学習支援」と「社会教育活動」の2点。目的は、学習の機会が少ない地域の子どもたちに学習の機会を提供すること、学校でも家でもない第3の居場所の構築の2点。
 週に1回3時間。3時間の中に3時限分の学習項目を設けている。小学生は個別事業・選択授業・グループワーク。中学生は、数学と英語をメインに個別事業を2時限・選択事業を1時限。
 特徴として@「学習記録ノート」による保護者との連携で家庭学習の習慣を身につけてもらうA防災ネットの中味や地震が起きたときの学習等をするグループワークB中学生を対象に高校入試対策・模試の実施等である。また、社会教育活動では、施設見学や宿泊学習等を実施。
 子どもを持っている家庭だけでは子どもを取り巻く問題というものは解決できないと常々思っている。当団体では高校生や大学生等若い人たちがたくさん協力してくれているが、学生の期間だけボランティアをやって終わりでなく、これからの地域を育む原動力となってくれることを祈って、彼・彼女たちの育成にも今後努めていきたい。
●「いえしまでの暮らしと取組み 〜移住者と島民のまちづくり〜」
いえしまコンシェルジュ合同会社 代表 中西 和也

 元々は兵庫県にはゆかりがなく、大阪府で生まれ育った。今は家島で、コンシェルジュという肩書きを名乗って観光のガイドとかコーディネートを実施しており、1年間に2千名以上案内。
 家島は姫路沖18kmぐらいのところにあって、採石業と海運業と漁業で栄えてきた島。私は、大学で建築を学んでいたが、日本の総人口が減っていく中でこれから建築をやってても意味があるのかと、建築の周りにあるまちというものに興味を持つようになった。大阪で働いていた時に、たまたま「いえしまコンシェルジュ養成講座」というのを見つけた。募集したのがNPOいえしまという島のおばちゃんたち。このおばちゃんたちが家島のおいしい魚を使って特産品をつくり、毎年東京や大阪に行って販売していると「家島に一度行ってみたい。」と言われることから、家島を案内してくれる人を募集しようというものだった。
 家島の魅力とは一言で言うと、「島の日常は、都会の非日常」。魚屋さんでは水槽で生きた魚を売っていて、「これちょうだい」と指を指すとおばちゃんが締めてくれる。採石場、その石を日本全国の港に石を運ぶ船等を歩いていたら見られるというのが他ではなかなか見られない景色。家を建坪いっぱいに建てているので洗濯物を川沿いに干したり駐輪場に干したりプライベートとパブリックが曖昧な感じでおもしろい。ガイド中はこういったものばかりを案内している。というのも、小さな島の中の暮らしの要素を紹介することで、島の魅力が透けて見える感じがして、それが集まったものが島の生活、それが都会から見た魅力かなと思っている。色々なところから家島を案内して欲しいという要望があり、修学旅行生を案内したり、京都のフリースクールの生徒と家島の高校生が漁業体験に行って料理をするコーディネート等もしている。他にも毎年「いえしまーけっと」というイベントや島の地域新聞をつくったりしている。
 家島ふるさとづくり青年隊事業にも取り組んでいて今年で4年目。1年目は家島のおみやげものとして、「手ぬぐい」と「かけるえび」という粉末調味料をつくった。他には「家島おかん便」。家島の食材と一緒に島の情報や暮らしが分かる冊子をお届けするもの。今は奈良県の西大和のニュータウンに2か月に1回ぐらい定期的に魚を送っている。まとめて20件ぐらい魚を集会所に送ると、集会所に魚を取りに来た住民たちの間に会話が生まれ、コミュニティの再構築に繋がっている。こんな風に家島と地域同士で繋がっていける所を探している。
 常々感じていることは、まちづくりは他人事ではなく自分ごと。島の暮らしを存続するための仕組みづくりをつくっていくことが私のミッションだと思っている。そのために、いろんな活動を通して自分ごととして捉える仲間を増やしていく。
●「拠点づくりの取組み 〜くらしのお困りごとを考える〜」
生活協同組合コープこうべ拠点づくり推進部 統括 前田 裕保

 私どもの部署は、高齢化社会への対応に特化した取組みをしている。高齢者の絶対数が増え、高齢者のみ世帯の増加と核家族化による地域のつながりの希薄化が掛け合わさり、孤立しがちな社会になっていくだろうと感じている。
 私どもの心を動かしたのが、31年前のバブル全盛期に「これから生協が訴えていくべきこと、これからの生協がやるべきこと、・・・・・・みんなの力を合わせて助け合うそういう互助の仕組みを世の中に作り出していくこと」と先輩の高村組合長が言われたことである。拠点や居場所、つどい場が失われたコミュニティの役割を持つのではないかと取組みを進めている。
 兵庫県下24のセンターに一人ずついる電気担当をコンシェルジュに見立て、組合員のお困りごとを叶えていくということから始めた。営業トークは一切しなくていいから、電話が来たらすぐに駆けつけたり、こまめに声をかけましょうという取組みを進めてきた。電灯交換や炊飯器の予約設定方法を教えて等いろんな要望があった。1年間取り組んで高齢者だけの世帯の増加を感じた。組合員さんにすごく喜ばれて、電気センターの供給高が13年度5.7億円だったものが14年度は7億円に伸びた。宅配利用の組合員だけのサービスを店舗でもやってみようと、三木緑が丘と仁川の店舗で相談窓口を備えて実験をした。ところが、店舗に来店される組合員は元気で、サービスを取捨選択して自分で解決出来るので相談に来ない。高齢者に対するサービスというものがよく分からなくなり、原点に戻ってアンケートを実施することにした。すると、高齢者は認知症になったらどうしよう等の健康に関する不安、孤立・孤独になるのではという不安、経済的不安があることが浮かびあがってきた。不安の少ない社会に取り組んでいくために絞って取り組んでいくことにした。コープこうべの全てのサービスを網羅した「暮らしのサポート案内係」という冊子を来店した全ての組合員さんにお渡ししたり、健康相談会を毎月店舗の2階の集会室で行ったりしている。新たな拠点づくりとして、店舗の空きスペースにカフェやサロンをつくり、おしゃべりができる場づくりも進めている。
 地域での新たな拠点づくりとしては、宅配事業における返品の一部を1年前から地域の子ども食堂に提供。地域の方から本を寄贈いただいて地域のボランティアで運営する「まちライブラリ」も4月から始めた。
 私どもは2025年をベンチマークとして取り組んでいるが、この10年を地域の皆さんとコープこうべが、支援や介護が必要になる前から知り合って情報交換して顔の見える関係を築いておける期間にしたいと考えている。「背伸びせず、できる人が、できることを、できるときに、できるだけ」というスタンスで取組みを呼びかけている。
 終わりに、高齢者の方と接していると生きているのがつらいというようなことをよく耳にするが、今日一日幸せだったと思ってもらえる、明日が来るのが楽しみと言ってもらえるようなことをコープとしても取りくんでいくとともに、「こころ豊かな美しい兵庫」の推進を事あるごとにいろんな所で投げかけさせていただきたいと思っている。
   
講演録
 
 平成27年度こころ豊かな美しい兵庫推進会議 総会 講演より
 「阪神・淡路大震災20年 −我が国の戦後思潮への教訓−」
  神戸大学名誉教授
  こころ豊かな美しい兵庫推進会議顧問
    野 尻 武 敏 氏
ページの先頭へ